アニメやゲーム周辺の奇跡的現象を捕捉しながらラクガキなどして台無しにしてみるブログ。
スポンサーサイト
--/--/--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
category:スポンサー広告 |^top
2015記念らくがき
2015/01/02.Fri
2015記念アスカ
twitterで上げたものですが画像鯖の仕様で赤色が劣化しているらしく、
無変換が欲しいという声を頂きまして恥ずかしながらこちらにも置いときます。
らくがきなのでクオリティは全く保証できません。
スポンサーサイト
拍手する
tag: エヴァ
category:アニメ | comment(0) | trackback(0) |^top
| ミ ピャッ
2012/12/29.Sat
えーとまた出戻りです。
pixivで既出の絵ですが、故あって全体像が見えるバージョンを置いときます。
エヴァQ記念絵ネタバレ版全体エヴァQ記念絵ネタバレ版全体背景なし
解像度が大きいので注意。
拍手する
tag: エヴァ
category:アニメ | comment(0) | trackback(0) |^top
再生
2009/03/29.Sun
これを機にガンダム入門!と思って2クール+2クール通して観た00だったが。
終わってみれば、ガンダムの面白さが余計分からなくなった気が…。
どうしたもんか、このラスト。
最悪を想定して待ち受けたが、そのものズバリs…
いやその…ゴホン、個人的には残念な気持ちで一杯だ。

最終数話はまるで糸が切れた凧みたいだった。
ストーリーラインが完全に途絶して予想や期待さえ不可能になった。
よもや修復の構えさえなく終わってしまうとは…。
2010年公開の劇場版とやらでは、一体どんなフォローがされるのだろう。
放置されたSF要素は何らかの事実に辿り着くのか。よくて木星どまりか。
依然として過去の人物が仕掛けたカラクリに沿って歴史が紡がれていることに対し
主人公たちさえ無自覚なまま終わったように見えたが、疑問を持たなくていいのか。
咎は受けると言ったセリフは何だったのか。
こういうのも無駄な考えすぎと言われそうで怖い。

キャラクターは魅力的で、二次創作もたっぷり楽しめたのだし、
観たことを後悔するほどでもないじゃない、と自分を励ましてみる。
ぶっちゃけ00を観ていなかったら、このブログの更新頻度も
悲惨なことになっていたはずだ(オイ)。
掲示板等で皆でストーリーを妄想して楽しんだ時間だって、無駄じゃない。
無駄じゃないとも…。はぁ…。

悪役として死んでしまったキャラクターについては劇場版でもフォローされる望みが薄いなぁ。
ネーナ10d
リボンズに乗っ取られた最後の家族(?)を抱いて閃光に消えるネーナ…とか。
そんな感じのちょっといいシーンが見たかった。
拍手する
tag:アニメ感想 ラクガキ ガンダム00
category:アニメ | comment(2) | trackback(0) |^top
BEYOND
2009/03/22.Sun
セリフやシチュエーションにはもう突っ込む気力が湧かないが
何もかもだだ滑りだった前回に比べれば…まだ見るべきものがあった。

トランザムバーストの効果でリジェネとティエリアが協力し得たことによって
ヴェーダ奪還が成功した、という解釈でいいのかな?説明なかったけど。
死んでから大逆転とは恐れ入った。凄いぞGN粒子。
モニター真っ赤とかありきたりなビジュアルで済まさずに、掌握過程を描いて欲しかったな。
この状況を待ち受ける布石とかイノベイドの機能について
前から細かい解説をやっとけばもっと盛り上がったかも。急なんだもんよ。

今週一番の注目ポイントだったカタギリ対スメラギがあんな決着とは!
どうでもいいお題目唱え出したと思ったら挙句は投降勧告。
ビリー違う!それ違う!!w確かにネタで予想はされてたけども。
そこは「君を殺して僕も死ぬ」とかそういう類のことを言うべきだろjk。
そうすりゃ生身で乗り込んできた不思議の説明になったかも知れんのに。

取ってつけたようなバーストではあったけど、主人公らしい活躍だったせっさん。
おかげで大量に死にそうだったキャラがほとんど生き残った。
ルイスよく助けたなぁ。どうやって助けたのか何度見てもよく分からないw。
GN粒子の すごい ベホマズン効果 についてはまあ…散々超展開の末だし
伏線は丁寧だったのでいいかと。防御技とか回復技が好きな俺。

殺戮鬼サーシェスにはあっけない最期が待ち受けていた。
トライアルシステムのことは知らんわなぁ。
アニューがちらつきながらも仕留め切ったライルはマジでGJ。後味いい。

外宇宙との対話のために人類種の革新。ワードはSFぽいが…
根拠が全く示されないのではただの妄想に聞こえてしまう。
太陽炉はじめとしたオーバーテクノロジーが外宇宙由来ってことなら分かるけど。
イオリアの正体がさらに(MMR的な意味で)怪しげになってきた。

ヴェーダの支援に頼らない機体を都合よく持っていたリボンズ。
今までのイノベイター専用機と比べると無骨だ。変形する?
大使みたいに出力でごり押ししないで、パイロットとしての技量を見せて欲しいものだ。

もうお話に期待する必要がなくなったので、最終回緊張しないなぁ。
シーン毎でいい演出あればと願うだけ。
拍手する
tag:アニメ感想 ガンダム00
category:アニメ | comment(0) | trackback(0) |^top
命の華
2009/03/16.Mon
既出の表現の反芻ばかりで感想の書きようがない回だ。
脈絡も必然性もない状況の一方的な提示に終始した。

母艦のデザインが想像以上に最悪でぐったり。
メカニズムもロマンも、宇宙船に必要な全てがない。強そうですらない。
何を伝えようとしたかが全く意図不明なデザインだ。

クライマックスにロボットアニメとして出来ることを会議して考えた上で、
それでもまだああいう生身で銃口向けるシーンが出てくるのは
一体どういうコンセンサスを経てそうなったのか教えて欲しい。

かなり抜き差しならないラインまで落ちてきた。
もう最後どう頑張ろうと納得の行く結末は望めない気がする。

2期開始当初の爆発力を見て、これほど高い品質で出してくるのは
スタッフが作品的成功を確信しているからに違いない、と感じたのだが
それはどうやら純粋すぎる物の見方だったようだ。
この落差は00のスタッフ、いや日本のアニメスタジオが
「時間と予算さえ十分にあれば」先の見えない仕事でも徹底的にやる
プロフェッショナルであるということを表してるに過ぎない。
即ち充電期間の存在は2期冒頭を局所的に重厚にせしめたが、
それ以上スタッフのモチベーションにも意志統一にも寄与しなかったということだ。

それでもその期間だけ視聴者の心は躍った。
2期に分けること自体は効果的かも知れない。
いっそのこと4期、いやもっとブツ切りにして休み休み作ったらどうか。
00は制作進行というものについて考えさせる作品にはなるだろう。
拍手する
tag:ガンダム00 アニメ感想
category:アニメ | comment(0) | trackback(0) |^top
プロフィール

バーリヤ

Author:バーリヤ

2007~2008年頃に好きだった物について
書き散らした個人的ブログです。
現在は放置状態です。
すみません。

月別アーカイブ

記事の分類

ブログ内サーチ


最近のコメント

ブックマーク

リンク

このブログをリンクに追加する


リンクフリー。
サイト名:リパルシヴスクリーン
http://screen9.blog103.fc2.com/
管理者:バーリヤ

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。