アニメやゲーム周辺の奇跡的現象を捕捉しながらラクガキなどして台無しにしてみるブログ。
スポンサーサイト
--/--/--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
category:スポンサー広告 |^top
潜入せよメガマス本社
2008/04/29.Tue
コイル屈指の名回、第19話「黒い訪問者」。
仮想世界で起こり得る未知の可能性と
人工生物対人間の(擬似的な)友情を上手く噛み合わせていて
思わず唸った回だった。
このようなエポックな驚きを他の回では
あまり感じられなかったのが残念だ。

思い返すとコイルの各回はひとつの主題を
あまりに集中して描き過ぎていたように思う。
イリーガル回しかり電脳イタズラ回しかりミチコ関連回しかり。

今ちょうどヱヴァ序を見ていて
例えば発進シークエンスの無駄とも思える長さが
ロボットアニメのお約束として演出されながら
実は作劇上効果的な役割を果たしていることに気づかされる。
このシーンで施設の巨大さと組織の規模を一挙に説明して、
ついでに序盤の山を作ってしまえるわけだ。
劇場版に限らずエヴァはあの印象的なオペレーティングシーンを
テンポ良く挟むことによって緊張感と統一感を維持していた。

仮の話、コイルでもサーバ構造なりステータスマップなり、
システムの同時性を伺わせるモニタリングを
何かあるたびにちらっと挟んでいたら
それだけであの電脳世界のつかみ所のなさはかなり緩和できて
且つ娯楽性も上がったのではなかろうか。

娯楽と主題の競い合いが視聴者にとって良い緊張感を生むとすれば、
コイルはその両面について申し分ない要素を提示していたにもかかわらず
ほんの限られた一瞬しか交差させなかった。
そこら辺に不完全燃焼の原因があるように思えてならない。
イサヤサフミ01b
拍手する
tag: ラクガキ 電脳コイル アニメ感想
category:電脳コイル | comment(0) | trackback(0) |^top
コメント
コメントの投稿











(PASSを入力するとご本人を示すトリップが付きます。編集する場合必須のようです)

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://screen9.blog103.fc2.com/tb.php/150-09e1900b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

バーリヤ

Author:バーリヤ

2007~2008年頃に好きだった物について
書き散らした個人的ブログです。
現在は放置状態です。
すみません。

月別アーカイブ

記事の分類

ブログ内サーチ


最近のコメント

ブックマーク

リンク

このブログをリンクに追加する


リンクフリー。
サイト名:リパルシヴスクリーン
http://screen9.blog103.fc2.com/
管理者:バーリヤ

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。