アニメやゲーム周辺の奇跡的現象を捕捉しながらラクガキなどして台無しにしてみるブログ。
スポンサーサイト
--/--/--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
category:スポンサー広告 |^top
ニコ動は脈絡なし
2007/10/18.Thu

このところ個性のとんがった絵をたくさん見て、
ふと「似せる」ということについて考えてしまった。

版権キャラをどのように似せるか。
邪魔になるほどの確固たる自分の絵柄は持っていないし
かと言ってアニメータのように正確に似せられるわけでもないが、
それでも精一杯似せる。

既存のキャラクターを描くということは文字通り
既に存在しているものの再現であり
ともすれば用を成さない無個性なポートレートになってしまいかねない。
そこで絵描きたちは価値をプラスするためにネタやエロを組み入れたり、
自分の絵柄に変換するという手法を取るのだが、
存在を認知されている有名絵描きや実用される同人描きならともかく、
無名の素人がそれをやっても見る側は興味を持ちにくいし
大した発展性も望めない。

版権とオリジナルを比べて情けなくなったり、
上手い人にはどちらにせよ敵わない悔しさを噛みしめつつ
それでも版権を描くこと、似せることをあきらめはしないのは、
個人的な理由を言えば、キャラクターを似せるプロセスには
あるかすかな手ごたえを感じるからだ。上手く言えないが、
「実存感のあるキャラクターをどうやったら作れるか」という
途方もない命題を解く鍵が隠されている気がしている。
最近では版権作品の中でもそういうキャラは少なくなってきているが、
多くの人間がその魅力を認めるキャラクターは多義的には
人格と呼べるものを持っていると思う。
それは多数が認めるからという理由だけではなく、
何か一貫して持ち続けている特徴があるからなのだ。
それも、絵一枚で表すことが出来る程小さな特徴だ。
拍子抜けするくらい簡単なことかも知れない。
豊富な人生経験がなければ作れないものかも知れない。
あるいは誰も予測できない偶然の産物。
例え自分には得る事が不可能な要素だとしても、正体を知りたいと思う。
キャラクターを似せるため何度も何度も描き直していると、
そのシッポがつかめそうな気がする時がある。

ちょっと…大げさになりすぎたかw。
生き生きとしたキャラクターを描けないことが長年の悩みの俺は
少しのきっかけで描けるようになるんではないかと
安易に考えすぎなのかも知れないな。
いや、でも興味の対象への飽くなき追求は、
やがては閲覧者に伝わるまでになって
素人絵描きにも幾ばくかの存在価値を与えてくれると、それは信じてる。
拍手する
tag:思索
category:未分類 | comment(0) | trackback(0) |^top
コメント
コメントの投稿











(PASSを入力するとご本人を示すトリップが付きます。編集する場合必須のようです)

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://screen9.blog103.fc2.com/tb.php/52-c5ce5577
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

バーリヤ

Author:バーリヤ

2007~2008年頃に好きだった物について
書き散らした個人的ブログです。
現在は放置状態です。
すみません。

月別アーカイブ

記事の分類

ブログ内サーチ


最近のコメント

ブックマーク

リンク

このブログをリンクに追加する


リンクフリー。
サイト名:リパルシヴスクリーン
http://screen9.blog103.fc2.com/
管理者:バーリヤ

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。