アニメやゲーム周辺の奇跡的現象を捕捉しながらラクガキなどして台無しにしてみるブログ。
スポンサーサイト
--/--/--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
category:スポンサー広告 |^top
未来のために
2009/03/08.Sun
顔傷系イケメンブシドー。華奢すぎて学生時代の回想かと思った。
結局2期はお笑いキャラで通したんだなー…無念。

ヴェーダは月の陰に隠された、最大で直径15kmもある物体の内らしい。
SFっぽい展開期待していいのか。

精神崩壊の一途を辿るルイス。ネーナ倒して目的は果たしたのに…。
沙慈ー!早く来てくれー!!

ドリルママン癒される。
もういっそトレミーに乗って最終回まであらあらうふふやってくれと思った。
優しい声で「戦力になりそうなものは~」とか言うと若干狂気を感じなくもない。

急にせっさんとフェルトにフラグが!?(A:急や)その発想はなかった…。
再三にわたって否定される姫様カワイソス(´・ω・`)。
実際何もしてないもんなぁ…そりゃ仕事で話すだけのオペレーターにも負けるよ。
と思ったら「ガンダムに行く!」
即へし折られるフラグ。

スメラギさんが予測していたのはカタロンではなくマネキン大佐か。
反乱を許した上イノベイターズもブシドーも働かず…アロウズの指揮系統乱れすぎだろう。
おお、でもグッドマン准将の作画いい!!断末魔が「何とかせんかー!」w。
死に際だけ生き生きするのやめてもらっていいすかw。
吹き飛ぶ瓦礫の効果音が何気に凝っている。

ここでリボンズ暗殺!見越した風のセリフだったが…。
どうやらリジェネさんはラスボスになり損ねたようだ。

細かい所はほっといて無理矢理盛り上がる終盤。
母艦っていう言い方久々に聞いた。カワイイ響き。
待て、15kmってその母艦なの!?人工天体的なものかと思ったのに!
拍手する
tag:アニメ感想 ガンダム00
category:アニメ | comment(2) | trackback(0) |^top
革新の扉
2009/03/01.Sun
せっさんはせっかく人間として色んな修羅場くぐって成長してきたのに
この段階でイノベイター化なんかしたらつまんなくないか…。
そもそもイノベイターの優位性が、ヴェーダを通じた並列化以外には
ハッキリ示されていないのが何とも。

ダブルオーライザー奪取に行った3機が瞬殺って、ちょ、おま。
敵の格を下げてまでライルアニュー優先して、一体どんな客がついてくると言うんだ。

リュミーン・紅龍は手品でも使ったのか、あの爆発を生存して合流ポイントに。
かばった方が無傷かい。意味わかんねぇ。
紅龍は訳あって妹の後ろに控えているのかと思ったらマジで能力がないだけ!(ドン)
リアルで茶吹いたw。
それでも生身が相手なら得意の格闘で見せ場を…と思いきや仁王立ち。
ちょっとこれはひどくないか…。期待を裏切るというよりも、
キャラが作り手の思い入れもなく処分されていく感じが萎える。

普通の人間が作って普通の人間が乗るスサノオがダブルオーライザーと渡り合えるなら、
一瞬で撃墜されたイノベイター二人は一体何なのか。
2期はずっと力関係の描写が崩壊してるなぁ。

ルイス復讐の時。あああああ俺のネーナ(つД`)。
まだやることあったのに…大した恨みもないお嬢様を追い討ちしたばっかりに。
ルイスの中の人の演技はなかなか幅広くて感心。
壊れた演技はもうワンテイクあれば…といった所だが、悲しさは良く伝わってきた。

来週姫様が宇宙へ。やっぱり超銀河ヒロイン?
ブシドーは仲間フラグか、どうなのか。うーん。すごく不安だ…。
拍手する
tag:アニメ感想 ガンダム00
category:アニメ | comment(0) | trackback(0) |^top
アニュー・リターン
2009/02/22.Sun
珍しく人物作画がいい感じだった。アクションが少し入ったせいか。
無重力じゃクロースコンバットとは行かないが
アイコンタクトを取ったり状況を利用しつつ行動する元兵士二人は
この超展開の中ではオアシスだった。

諜報戦と心情の交錯は面白い。しかし分かり合う事がどうのこうのと語るには
アニューの仕様は過剰に作為的で人間離れしすぎてて苦しかった感じ。
必死になるライルに対しアニューは(少なくとも表面上は)ブレずに最期まで
イノベイターに徹した方が悲しさはより伝わる気がする。

オーライザーの奪取に失敗したリヴァイヴさん、
皮肉を言われた上に片割れを殺され、散々な結果に何を思う。
ノリのいいBGMと共に強制合体吹いたw。
アニューの機体はガデッサ…じゃないのかなこれ?カラーリングが綺麗。
ファングあるんだ、へぇーカッコいい。出番1回だけとは贅沢な。プラモ欲しい。

ルイス洗脳。NTRに続いてさらなる鬱展開が。
元に戻れるのかこれ…沙慈負けんな!常に沙慈目線の俺。

この所痴話喧嘩に話数を使いすぎている気がするが…ちゃんと終わるのかなぁ。
俺が期待するようなSF的どんでん返しが来る気配は全然しない。くそう。

次回、ネーナと姫様はどこへ。
リュミーンと紅龍ピンピンしてるじゃねーか!もう何も信用できん。
拍手する
tag:アニメ感想 ガンダム00
category:アニメ | comment(0) | trackback(0) |^top
滅びしものの幻影
2009/02/18.Wed
プリキュア風コス01c
プリキュアを凶悪に描くっていう遊びが初代の頃大流行りした気がする。
イースdrawr01
drawrで描いてボツったイースさん。ボツ絵山積みorz。
新シリーズはセオリーから逸脱してて先が全く読めない所が良いね。
掌底グリグリには一体どういう意図が。
拍手する
tag: ラクガキ プリキュア
category:アニメ | comment(0) | trackback(0) |^top
イノベイターの影
2009/02/15.Sun
んもー先週あんな終わり方しといて無事とか…
姫様の役割が全然見えて来ない。

単純に同じような引きの繰り返しが飽きるってのもあるけど、
死に直面するシーンをフェイントとして便利に使わないで欲しいなぁ。
視聴者がどんどん刺激に慣れてって、終いには
「誰々が死ななかったからつまらなかった」とか言われかねないぞ。
表現者自身の首を絞めるようなものだ。

伏線回収で盛り上がる回のはずなのに、脚本が低調で緊張感も感動も薄い。
人物作画の表情・演技ともに冴えが見られなかった。声の演技はいいのにな。

ダブルオーライザーの作り出す精神世界で邂逅を遂げるルイス沙慈。
子熊が「幻術」と呼んだのに吹いたw確かにこれじゃただの精神攻撃だよなぁ。
この現象をもっと驚くべき効果を上げるものにするためには
生半可ではないアイデアが必要なようだ。

子熊に天誅を下そうとするソーマ。唯一、心の動きに精彩を感じる。
ハレルヤさん出たけどただの戦闘狂…何かないのか、4年ぶりの感想は。
グッドマン准将は自分の意志を全然持ってない。悪役だからって薄っぺら過ぎる。

イノベイターに目覚めた…というか、ヴェーダの支配下になったっぽいアニュー。
ブリッジクルー危うし。シチュエーションは面白いけどここもやっぱセリフが、うーん。
だから銃声で終わるのやめっちゅうに!

久々登場のスローネドライ。1期からこんな変形だったっけ?
ネーナが歪んだ破壊衝動を爆発させる。リュミーン・紅龍の生死やいかに。
混乱の元から成長しないネーナは終盤惨く処分されそうだ。(´・ω・`)ショブーン。

次回はアニューを巡ってライル対リヴァイヴ。これもまた無理矢理な。
拍手する
tag:アニメ感想 ガンダム00
category:アニメ | comment(0) | trackback(0) |^top
プロフィール

バーリヤ

Author:バーリヤ

2007~2008年頃に好きだった物について
書き散らした個人的ブログです。
現在は放置状態です。
すみません。

月別アーカイブ

記事の分類

ブログ内サーチ


最近のコメント

ブックマーク

リンク

このブログをリンクに追加する


リンクフリー。
サイト名:リパルシヴスクリーン
http://screen9.blog103.fc2.com/
管理者:バーリヤ

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。